排卵検査薬を使って男女の産み分けをする 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

排卵検査薬を使って男女の産み分けをする

排卵日は男女の産み分けでとても重要となります。 排卵日は基礎体温を毎日測定することで把握することが出来ます。 症状で中間痛や排卵痛などがあるのであれば、それらの症状で排卵日を知ることも出来ます。 ですが、本当に排卵が予想した日にされているのかどうかを把握することはとても難しいです。 このような時に排卵検査薬を活用するようにしましょう。 排卵検査薬は男女の産み分けに活用できる他にも、体の排卵日の前後の状態や排卵日を知るためにもとても重要です。 排卵日がいつなのか全然分からないのであれば、1週間から2週間ほど排卵検査薬を使うようにして、陰性から陽性に変化する日を見つけるようにしましょう。 ドゥーテストLHというロート製薬が発売している排卵検査薬は1週間分ありますので、とても便利です。 排卵検査薬や妊娠検査薬というのは、陰性なのか陽性なのか把握しにくいというデメリットがあるのですが、チェックワンLH?Uというアラクスが発売している排卵検査薬は見極めが比較的簡単となっています。 値段は高いですが、チェックワンLHデジタルを使えば、見極めが簡単になりますので、排卵日を把握したい人は使用してみると良いでしょう。 排卵日当日を知ることよりも、排卵日を予測するということが男女の産み分けでは非常に重要となります。 排卵日を予測したいのであれば、いつが排卵日なのかを把握するようにしなくてはなりません。 数ヶ月単位で自分の排卵日は何時なのかを観察するようにして、把握するようにしましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.