基礎体温は男女の産み分けで重要 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

基礎体温は男女の産み分けで重要

排卵日は男女の産み分けをする際にとても重要なのですが、排卵日を知る方法として基礎体温を測定するという方法があります。 女性であれば基礎体温という言葉は聞いた事があると思いますが、基礎体温を計っているという人はそれほど多くないのではないでしょうか? ここでは基礎体温の正しい測り方を紹介していきます。 朝、起床した際に布団の中で基礎体温を計るようにしましょう。 同じ条件で毎日計るようにしてください。 体温を計る時は、普通の体温計よりも基礎体温測定の体温計という数字が一桁小さいものを利用するようにしてください。 そして基礎体温は毎日ノートなどにメモするようにしましょう。 数ヶ月ほど基礎体温を測るようにすると、基礎体温が高くなっている時や低くなっている時があることに気付くと思います。 体温が低い時から高い時になる中間が排卵日となっています。 排卵日の数日前と排卵日は男女の産み分けをする際には非常に重要となるため、数ヶ月ほど基礎体温を測るようにしなくては、いつが排卵日なのか把握しづらいかもしれません。 またおりものの状態や頭痛や腰痛などの症状も基礎体温と一緒にメモをするようにしておけば、排卵日が更に詳しく把握することも可能となります。 毎日基礎体温を測るようにすることによって、男女の産み分けや妊娠にも役立ちますし、自分の健康について知ることも出来るようになります。 これまでに基礎体温を測定したことがないという人も、基礎体温を測るようにしてみてください。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.