排卵日は男女の産み分けに重要な日 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

排卵日は男女の産み分けに重要な日

体外受精を利用しないのであれば、排卵日は男女の産み分けをする際にとても重要になります。 性行為を排卵日の2日前にすると女の子が生まれる可能性が高くなり、性行為を排卵日にすると男の子が高いといわれています。 女の子と決定されるX染色体の場合、排卵日の2日前になると膣内の状態が変化して、女の子が生まれやすい環境になります。 それと同じで男の子と決定されるY染色体の場合、排卵日の膣内の状態が変化して、男の子が生まれやすい環境となるのです。 排卵日を把握するということは男女の産み分けだけに限らずに非常に重要になります。 基礎体温を毎日測定することによって、排卵日を把握することが出来るようになります。 体温が高い時と低い時があるということが毎日基礎体温を計るようにすれば気付くと思うのですが、この体温が高い時と低い時の中間が排卵日となっています。 基礎体温を測定する以外で排卵日を把握する方法として、おりものを観察するという方法があります。 排卵日というのは、おりものがとても粘々するという特徴があります。 また生理痛と同じく排卵日も頭痛や腰痛などの症状が出るケースもあります。 排卵日というのは男女の産み分けをする際には欠かすことが出来ない日となっています。 毎日調べてみても排卵日がいつなのか分からないのであれば、ドラッグストアなどで排卵検査薬が売られていますので利用してみると良いでしょう。 ただし排卵検査薬と間違えて妊娠検査薬を購入してしまう人がいますので注意をするようにしてくださいね。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.