基本的な男女の産み分けの知識 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

基本的な男女の産み分けの知識

受精をしたときに生まれる赤ちゃんの性別が決まります。 この知識を身に付けていれば、男女の産み分けをしたいと考えている人にとって役立つことでしょう。 男性の精子が胎児の性別を決めるのですが、精子には性染色体が2種類あり、どちらの染色体が着床するかによって性別が決まっているのです。 精子のY染色体は、寿命が短く、移動速度は速いです。 またアルカリ性に耐性があり、X染色体と比べて数が多いという特徴を持っています。 次にX染色体ですが、寿命がY染色体よりも長く、移動速度は遅くなっています。 また酸性に耐性を持っており、数はY染色体よりも少ないという特徴を持っています。 更に女性の膣内の状態によって着床する精子の確立は変わってきます。 通常時は女性の膣内は酸性となっているのですが、排卵日はアルカリ性に近くなっています。 ですので、排卵日の性交は男の子が生まれる確率が高いですし、基本時は女の子が生まれる確率の方が高くなっています。 男女の産み分けをするのであれば、女性の膣内の状態を把握したり、男性の精子の数を制御したりすれば、希望している性別の赤ちゃんを産みやすくなります。 産婦人科の中には男女の産み分けに対するアドバイスや指導をしてくれる医師がいますし、男女の産み分けを成功させる確率を高める薬を処方してくれる病院もあるようです。 まずは女性は排卵日を把握するために、毎日体温計で平熱を測るようにして、男女の産み分けに成功する可能性を高めるようにしましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.