男女の産み分けの方法 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男女の産み分けの方法

体外受精による産み分けの方法は、男女の産み分け方法の中でも確率が高くなっています。 ですが体外受精はリスクもありますし、倫理的に否定的な考えの人も少なくありません。 どれくらいの確率なのかは定かではないですが、男女の産み分けの方法は体外受精だけではありません。 この方法は染色体という胎児の性別を決める細胞の性質を活用しています。 卵子はX染色体だけなのですが、精子はX染色体とY染色体があります。 卵子にY染色体が結合すると染色体がXYとなり、胎児は男の子に決定されます。 反対にX染色体の精子がX染色体と結合するとXX染色体となり、胎児は女の子に決定されます。 つまり精子の染色体を選び分けることが出来れば、男女の産み分けをすることも可能となるということです。 X染色体の精子というのは酸性に対して強く、反対にY染色体の精子はアルカリ性に強い特徴を持っています。 膣内というのは基本的に賛成となっているのですが、排卵日の2日前くらいから最も酸性濃度が高くなるとされています。 そして排卵日になるとアルカリ性に近くなるのだそうです。 つまり性行為を排卵日の2日くらい前にするようにすれば、X染色体の方が多くなり、女の子が生まれる可能性が高くなります。 そして性行為を排卵日にすると、逆にY染色体の方が数が多くなり、男の子が生まれる可能性のほうが高くなります。 排卵日を把握したり、膣内の特徴を理解するようにしなくては、この男女の産み分け方法を利用するのは難しいです。 排卵日を把握するには、基礎体温を毎日計るようにして、排卵日を割り出すようにしましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.