男女の産み分けが適していないとしても 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男女の産み分けが適していないとしても

子供を産みたいと思ったときというのは、女の子を産みたいと思っていたり、男の子を産みたいと希望している人も少なくないと思います。 現代は科学的にも医学的にも技術が進歩しているので、それほど男女の産み分けは難しいものではありません。 ですが男女の産み分けをあまりお勧めできないケースがあります。 体外受精を問わずに不妊傾向の人や初産の人は男女の産み分けに適していないとしています。 体外受精をする場合、希望している性別の精子を選び出すことになるため、精子の絶対数が少なくなります。 ですので、普通よりも妊娠する確率が低くなるのです。 体外受精をしないとしても、性行為の回数は限りがありますので、妊娠できる可能性も低くなります。 ですので不妊気味になっている人は男女の産み分けが適していません。 初産では不妊気味だとしても、それを認識していないということも少なくありません 最近は結婚年齢が晩成化しているため、高齢出産になってしまい、産める子供の数が限られてしまうため、男女の産み分けを希望しているという人も増えてきています。 高齢出産をするにしても、男女の産み分けを希望する前に、妊娠できるのか確認をするようにしなくてはなりません。 また夫婦の仲が険悪なのであれば、男女の産み分けはしないようにした方が良いでしょう。 何故ならば夫婦の双方が協力をしなくては男女の産み分けをすることは出来ないからです。 色々な障害によって男女の産み分けをすることが出来ないという人もいるでしょうが、まずは産婦人科の医師に相談をしたり夫婦で話し合って協力をするということから始めるようにしてください。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.