赤ちゃんの性別と男女の産み分け 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

赤ちゃんの性別と男女の産み分け

赤ちゃんの性別というのは男女の産み分けをして、妊娠した時に決まっています。 ですが両親には胎児の性別は分からないですし、産婦人科の医師にも妊娠した瞬間の性別は分かりません。 ですが男女の産み分けをしている両親は、赤ちゃんの性別はすぐにでも知りたいものですよね。 赤ちゃんの性別を妊婦検診の超音波で判明するのは妊娠16週目くらいからとされています。 16週目くらいには胎児の外性器の形が超音波で分かるようになります。 ですが胎児がおなかの中でとっている姿勢というのは異なっています。 足を開いている姿勢の場合は性別がわかりやすいのですが、足を閉じていると外性器が見えません。 ですので出産する直前まで赤ちゃんの性別が不明のこともありますし、赤ちゃんは女の子だと思っていたら男の子が生まれてきたということもあります。 お腹が突き出ていると男の子、優しい顔つきだから女の子だ、という話を聞いたことはないでしょうか? このような話は根拠がないと思っている人もいると思いますが、的中率は低くありません。 超音波で性別が分からないとしても、経験を積んでいるお年寄りには分かるということもあるのです。 昔の人たちは当時医学が現在ほど進歩していなかったですので、経験によって赤ちゃんの性別を判別することが出来るのでしょう。 男女の産み分け実践して、赤ちゃんの性別が希望通りじゃなかったとしても愛情を注いで挙げましょう。 希望通りの性別じゃないとしても赤ちゃんは貴方達の子供なのです。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.