男女の産み分けに関する信頼度のある説について 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男女の産み分けに関する信頼度のある説について

色々な説が男女の産み分けにはあります。 中には迷信のような説もあるのですが、中には否定することが出来ない信頼度のある説もあります。 例えば、コーヒーを頻繁に飲んでいると男の子が生まれる、激しくセックスをすると男の子が生まれるという説、トランクスを履いていると男の子が生まれるという説などは迷信のように思われますが、全く信頼背がないとは言い切れないのです。 Y染色体は男の子の基となるのですが、精子ではY染色体の方がX染色体よりも数が多いです。 精子というのは熱に弱いですので、熱が篭もりがちなるブリーフなどの下着よりも通気性に優れているトランクスを履くようにしたほうが精子の数が少なくならないとされています。 それにコーヒーにはカフェインが含まれているのですが、カフェインはY染色体を活発に活動させる効果があるとされています。 また激しいセックスをすることによって、女性がオルガズムを感じるとアルカリ性の物質が子宮頚管から分泌され、膣内におけるY染色体の生存率が高くなるのです。 昔から男女の産み分けを希望している人達が色々と試行錯誤をしながら試していました。 現在残っている説の中には、昔の人達が男女の産み分けに成功したことによって話が残っているのです。 昔から言い伝えられている説というのは色々な種類があるのですが難しい内容ではなかったり健康を害するものではないものが多いですので、昔からの男女の産み分けも試してみると良いかもしれません。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.