リンカル剤を使った男女の産み分け 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

リンカル剤を使った男女の産み分け

リンカル剤という男女の産み分けのための薬があります。 このリンカル剤という薬はリン酸カルシウムが正式名称となっており、男の子の産み分けに対して効果があります。 このリン酸カルシウムというのは栄養補助食品のカルシウムやリン、鉄分などが含まれており、本来は無脳児という先天的異常を予防することが目的で開発をされました。 ですが、リン酸カルシウムを摂取することによって、男の子が生まれる可能性が高くなるということが判明し、男女の産み分けでも処方されることになったのです。 女性がリン酸カルシウムを摂取するのですが、リン酸カルシウムを摂取すると体の体質がアルカリ性に近くなります。 膣内もアルカリ性に近くなりますので、Y染色体の精子の生存確率が高くなるのです。 グリーンゼリーとリン酸カルシウムを併用して利用をするようにすれば、80%の確率で男の子の産み分けをすることが出来るといわれています。 ですがリン酸カルシウムを取り入れたその日に効果を得ることが出来るというものではありません。 最低でも2ヶ月間は毎日リン酸カルシウムを4錠飲むようにしなくては効果は出てきません。 また3日間飲み忘れてしまうと、また最初からの見直しをすることになってしまいますので飲み忘れないようにしましょう。 なおリン酸カルシウムを病院で処方してもらう場合、1ヶ月分で大体3000円から4000円ほどとなっています。 インターネットのネットショップでも購入をすることは出来るのですが、安全性に疑問が残るので病院で処方をしてもらうようにしましょう。 もしもリンカル剤だけ処方をしてもらおうと男女の産み分けの指導をしていない産婦人科にいったとしても、きちんと処方をしてもらうことが出来ないと言うケースもありますので、可能であれば男女の産み分け指導をしている産婦人科に行くようにしましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.