グリーンゼリーを使って男女の産み分けをする 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

グリーンゼリーを使って男女の産み分けをする

男の子を男女の産み分けで産みたいのであれば、排卵日に性行為をするのが基本となります。 ですが排卵日に性行為をしただけで男の子を出産することが出来るのであれば苦労はしないですよね。 男女の産み分けの確率を高くしたいのであれば、グリーンゼリーという男の子の産み分けをする際に処方される薬を利用するという方法もあります。 イギリスでグリーンゼリーが開発されたのですが、イギリスではグリーンゼリーのことをブルーゼリーというのだそうです。 グリーンゼリーというのは女性の膣内をアルカリ性に近づける作用があります。 これは精子のY染色体のアルカリ性への耐性が強いという特徴をサポートするためであり、これによってY染色体の生存率を高めて男の子が生まれやすくすることが出来るようになるのです。 グリーンゼリーというのはゼラチン状となっているのですが、もしも固まっているのであれば湯煎で溶かすようにしましょう。 そして人肌と同じくらいの暖かさになったら、指定された量のグリーンゼリーをシリンジで膣内に流し込みます。 膣の奥へと流し込むようにして、ゼリーが外に流れないように5分ほど足を閉じて腰を高くするようにしてから性行為をするようにしましょう。 グリーンゼリーはインターネットなどの通信販売でも購入をすることが出来るのですが、安全性に疑問がありますので、通院をして病院で書法をしてもらうようにしたほうが亜殷賑して使用をすることが出来ると思います。 使用方法などを医師に説明をしてもらい、使用方法や用量を守って使用をするようにしてください。 通院する病院によって費用は変わってくるのですが、大体1回分で3000円から4000円ほどとなっているようです。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.