パーコール法を利用した男女の産み分け 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

パーコール法を利用した男女の産み分け

精子の染色体が結合することによって、胎児が女の子か男の子か決まります。 この染色体を利用したのがパーコール法という男女の産み分け方法です。 体外受精を活用した男女の産み分けの方法がパーコール法という方法なのです。 分離試薬のパーコール液に精子を入れて、遠心分離をするという方法となっています。 パーコール法によって男の子となるY染色体と女の異なるX染色体を遠心分離によって分類をすることが出来るようになります。 X染色体だけを抽出して、卵子に受精をさせれば女の子を生むことができるようになるのですが、男の子はパーコール法では産むことはできません。 男女の産み分け法としての成功率はパーコール法の場合は70%から80%ほどとなっています。 また安全性も高いですが、絶対に安心といえるものではありません。 精子を遠心分離させますので精子の数が少なくなり、妊娠する確率が下がるとされています。 日本産婦人科学会がパーコール法を自粛していたことから、産婦人科医師の中には、パーコール法を利用した男女の産み分け方法に疑問を感じている人もいます。 パーコール法を利用した男女の産み分けを検討しているのであれば、まずはパーコール法に理解を示している医師を選ぶことから始めるようにしましょう。 日本において男女の産み分け方法の中ではパーコール法は一番確率が高いとされていますが、絶対と言うわけではありませんし、女の子しか産み分け出来ませんので、慎重に検討するようにしてくださいね。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.