ピンクゼリーを使って男女の産み分けをする 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

ピンクゼリーを使って男女の産み分けをする

男女の産み分けというのは人工授精を別にすると確率はそれほど高いというものではありません。 男女の産み分けの確率を高くするために、産婦人科の中には男女の産み分けの指導をしているところもあるのですが、希望している性別の産み分けに適している薬を処方されるケースもあります。 女の子を産み分けたい場合に処方される薬がピンクゼリーという薬です。 酸性成分をゼラチンで溶かし込んでいるものがピンクゼリーの正体となっています。 膣内にピンクゼリーを浸透させることによって、膣内を更に酸性にして女の子の基になるX染色体の生存率を高めて女の子が生まれる確率を上げるのです。 湯煎でピンクゼリーを柔らかくして、膣内にシリンジで流し込みます。 ピンクゼリーが外に出ないようにするために、5分ほど足を閉じて腰を高くします。 膣内で酸性を維持することができるのは30分ほどとなっています。 ですのでゼリーを挿入した後はすぐに性行為をするようにしなくてはなりません。 男女の産み分けについて指導をしている病院であればピンクゼリーを処方してもらえます。 インターネットを利用して通信販売で購入をすることも出来るようですが、通信販売は安全性が高いとは言い切れませんのできちんと病院で処方をしてもらうようにしてから利用をするようにしましょう。 ピンクゼリーは2回分が7000円や4回分で12000円となっているなど、通院する病院によって費用は大きく異なっています。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.