男女の産み分けで必要となる費用 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男女の産み分けで必要となる費用

男女の産み分けの方法によって必要となる費用はかなり変わってきます。 例として挙げると男女の産み分けの方法をインターネットで検索をして見たり、男女の産み分けについて書かれている書籍を参考にしながら男女の産み分けをするのであれば、書籍代や電気代、通信費用だけが費用となります。 これ以外にも友人や知り合いの中で男女の産み分けについて知識を持っている人に話を聞くだけであれば費用は必要ありません。 病院の中には男女の産み分けの指導をしてくれている所もあるのですが、通院をする度に膣内検査や血液検査をするため費用が必要となります。 通院する病院によって支払う費用は変わってくるのですが、妊婦検診と同じく1回の検査で数千円必要だとされています。 それに希望している性別により、リンカルやグリーンゼリー、ピンクゼリーなどといった処方する薬によっては費用が更に数千円上乗せされます。 パーコール法を活用して男女の産み分けを確実にしたいと考えている場合、病院によって異なりますが一度に2万円から6万円ほどの費用が必要となります。 男女の産み分け指導を病院でしてもらっても、パーコール法をしたとしても、妊娠をすぐに出来るというわけではありません。 妊娠できるまで時間がかかるのであれば、その分必要となる費用も高額になって行きます。 妊娠をしたとしても、妊婦検診などを受けなくてはなりませんので、費用も更に必要となります。 ですので男女の産み分けをするのであれば計画をきちんと立てるようにしたほうが良いでしょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.