男女の産み分けの迷信について 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男女の産み分けの迷信について

実は男女の産み分けに関する歴史は古いです。 長い歴史の中で、男女の産み分けに関する迷信も多く生まれました。 男女の産み分けをしたいと思っている人達が少しでも男女の産み分けを成功させる確率を高くしたいと思っていたことから男女の産み分けの迷信が誕生したのでしょう。 ・男の子の産み分けの迷信とは? 1.夢の中で桃を拾う 2.男の子の写真を寝室に飾る 3.重曹水を飲むようにする 4.妊娠した時の母親と父親の年齢を3で割ることが出来る 5.肉体労働の仕事を父親がしている 6.母親が妊娠する前に肉を食べない ・女の子の産み分けの迷信とは? 1.夢の中で栗を拾う 2.女の子の写真を寝室に飾る 3.酢水を飲む 4.妊娠した時の母親の年齢と父親の年齢を3で割ることが出来ない 5.IT関連の仕事を父親がしている 6.母親が妊娠前に肉を頻繁に食べている これ以外にもヨーロッパの場合は 1.子作りを満月の夜にすることによって男の子が生まれる 2.子作りをする際に女性が男装をすると男の子が生まれる 3.体格の良い男性が父親の場合、男の子が生まれる 4.子作りをする際に父親が靴を履くと男の子が生まれる などの迷信も有ります。 国や地域が変わっても男女の産み分けに関しての願望が強かったのでしょう。 もちろん昔からの迷信がありますが科学的な根拠は全くありません。 ですがげん担ぎとして、今でも迷信を信じている夫婦は少なくなく、迷信を実践している人も少なからずいるようです。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.