風水で男女の産み分けの効果を上げる 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

風水で男女の産み分けの効果を上げる

風水を利用して、男女の産み分けの効果を高めてみませんか? 風水の中には子宝が恵まれる方角というのがあるのですが知っていましたか? 南西は母親の力を持っており、東北は相続の力を持っています。 そして北は子宝の力を持っているといわれています。 茶色のものを南西に、白色は東北に、オレンジを北に置くようにして、方角の力を強くするようにしましょう。 これ以外にもざくろを寝室の北川に配置すると子宝のパワーが増すといわれています。 風水では、子供の身代わりという意味を持っているのがざくろとなっています。 ざくろがないのであれば、絵や置物などを置くようにしましょう。 寝室の位置は風水において男女の産み分けで非常に重要となっています。 寝室が家の中の東、東北、北の方角にあるのであれば、男の子が生まれる可能性が高くなるとされています。 女の子の場合は、家の中の南、南西、西の方角に寝室があるほうが生まれる可能性が高くなるとされています。 寝室の位置と男女の産み分けで希望している性別が合わないのであれば、盛り塩をその方向に配置するようにしてください。 これ以外にも東枕で寝る様にすれば男の子の産み分けの可能性が高くなり、南枕で寝れば女の子の産み分けの可能性が高くなるとされています。 風水の場合、日差しを取り入れるようにしたり、掃除をこまめにするようにしたり、観葉植物を配置するようにすれば効果が倍増します。 今出来る風水からちょっとずつ実践するようにして男女の産み分けを成功させる可能性を高くしてみませんか?
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.