女の子の男女の産み分け 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

女の子の男女の産み分け

女の子を男女の産み分けで産みたいのであれば、X染色体の精子の特徴を活用するようにしましょう。 X染色体の精子というのは、酸性に対する耐性を持っています。 通常、女性の膣内というのは酸性となっており、排卵日の2日前になると酸性度が最も高くなります。 ですので性行為を排卵日の2日前にすると女の子が生まれる可能性が通常よりも高くなります。 それにY染色体の精子と比べてX染色体の方が数が少ないですので、精子の数を減らすようにしておけば女の子の産み分けをする可能性が高くなります。 男性は女性が生理が終了して排卵日の日までに射精を2回はするようにして、精子の絶対数を少なくしておいた方が良いといわれています。 そして男女の産み分けをする可能性を高くするために、子宮にY染色体を到達させないように工夫をする必要があります。 これはどのようにすればいいのかと言うと、精子を膣内の浅い所で射精するというものです。 膣内の奥で射精してしまうと、子宮頚管というアルカリ性に近い箇所に精子が辿り着く可能性が高くなります。 アルカリ性に近いということは、Y染色体という男の子にきまる染色体の方が活動的になり、女の子よりも男の子のほうが生まれやすくなります。 男女の産み分けをするのであれば赤ちゃんの性別は問わずに、卵子に精子をきちんと届けるようにしなくてはなりませんので、決めた日以外に性行為をする際には避妊をするようにしなくてはなりません。 中でも、女の子を産みたいのであれば、精子の絶対数を少なくするようにしなくてはなりませんので、そのときも避妊具を用いたりして、避妊をするようにしてくださいね。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.