男の子の男女の産み分けについて 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

男の子の男女の産み分けについて

男の子を人工授精を利用せずに産み分けをするようにしましょう。 まずY染色体の精子の性質を利用するようにして、男女の産み分けをすることになります。 Y染色体の特徴として、アルカリ性に耐性を持っているというものが挙げられます。 通常、女性の膣内というのは酸性になっているのですが、排卵日になるとアルカリ性に近くなります。 ですので、排卵日に性行為をするようにすると、Y染色体の生存率が高くなり、男の子を産む可能性が通常よりも高くなります。 それに子宮頚管という子宮と膣の間にある器官ではアルカリ性の物質を分泌します。 ですので、精子を膣内の奥で射精をすると、男の子が生まれる可能性が更に高くなるのです。 精子のY染色とX染色体の数を比べてみると、Y染色体の方がX染色体よりも数が多くなっています。 ですので、精子の数を増やすことによって、それに比例してY染色体の数が増えていきます。 精子というのは熱に対して強くありませんので、長時間熱いお風呂に入っていたりすると精子の数が減ってしまいますので、長風呂は避けるようにしたほうが良いでしょう。 男女の産み分けの確率を高くしたいのであれば、男性に協力をしてもらうようにしなくてはなりません。 女性だけが男の子を産もうと積極的なだけでは産み分けをすることは出来ないのです。 男の子を男女の産み分けで産みたいのであれば、まずは精子は排卵日まで溜めるようにして、排卵日に性行為を行い、精子を膣の奥で射精するようにしなくてはなりません。 男女の産み分けは男の子だけに限らず、女の子の場合も夫婦で協力するようにしなくてはなりません。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.