セックスは男女の産み分けで重要になる 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

セックスは男女の産み分けで重要になる

男女の産み分けをする場合、排卵日にセックスをすれば男の子の産み分けを、排卵日の2日前にセックスをすると女の子の産み分けをするということが基本となります。 皆さんの中には、男女の産み分けの知識で、激しいセックスをすると男の子が生まれるという話を聞いた事がある人もいるのではないでしょうか? これは迷信とは言い切れません。 セックスをしている時に女性がオルガズムを感じることによって、アルカリ性の成分が子宮頚管から分泌されます。 女性が激しいセックスをすることによって、アルカリ性の成分が分泌され、男の子の元になるY染色体が生存しやすくなるのです。 そして男の子は膣の奥で射精すると生まれる可能性は高くなります。 反対に女の子の産み分けをしたいのであれば、オルガズムをあまり感じないようなセックスをするようにしなくてはなりません。 女性の産み分けをするには、淡白なセックスで浅い挿入をするようにしましょう。 このようにセックスの方法や過程というのは男女の産み分けでは非常に重要となっていますので、夫婦で計画をするようにセックスをするようにしたほうが良いでしょう。 男女の産み分けでは挿入の深さやセックスの過程、排卵日などきちんと考えて取り組むようにしなくてはなりません。 ですので夫婦で協力をするようにしなくてはなりません。 セックスの方法や性行為をする日を夫婦で決めるようにして男女の産み分けをしやすい環境にするようにしましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.