病院と男女の産み分けについて 〜 産み分けについて考える

main_top_over_navi
main_top

病院と男女の産み分けについて

男女の産み分けをして出産したいと考えているのであれば、病院を利用するようにすると安心ですよね。 ですが、男女の産み分けに対して否定的な産婦人科の医師も少なくありません。 ですので、情報収集をせずに産婦人科に行って、男女の生み訳をしたいと言ったとしても拒否されたりすることもあります。 医師の中には、男女の産み分けに否定的な医師が、胎児の性別を妊婦に伝えずに、そのまま出産を迎えるというケースも少なくありません。 産婦人科の中には、胎児が女の子だったため中絶を求める妊婦もいたことから、男女の産み分けに対して行為を持っていない医師もいるのです。 これ以外にも倫理的に男女の産み分けは納得できないという考えを持っている医師もいます。 男女の産み分けをしたいのであれば、病院の情報を集めて産み分けに対して好意的なのかどうかを調べるようにしましょう。 産婦人科の医師で男女の産み分けに対して好意的な医師で構成されているSS研究会という団体が全国にあります。 男女の産み分けに対しての知識もSS研究会の医師は豊富ですので、SS研究会の医師に男女の産み分けについてアドバイスを求めるという方法もあります。 男女の産み分けをするのであれば、利用する病院や妊婦の体の状態などによって費用は異なります。 大体男女の産み分けの費用は数千円から数万円程度となっています。 信用することが出来る医師が勤めている病院を見つけて、相談やアドバイスを求めるようにしてみましょう。
side_top
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2011 産み分けについて考える All Rights Reserved.